HOME > S&G Music Top > 2001Art

2001年名古屋市民会館でのArt Garfunkelのソロ・コンサート報告

2001年10月10日 18:30〜名古屋市民会館 大ホール (名古屋市中区)

私としては、1992年に横浜でソロ・コンサートを聴いて以来、9年ぶりです。その間、NHK-TVでも放映された "Across America" (ニューヨークのエリス島でのライブ)で、健在ぶりを見ていました。
全体に身振り手振りの使い方など、また、日本語の単語を交えて話したりと、かなり、ステージ慣れしたなと感じました。今後の成長が楽しみです(^^ゞ
名古屋では、ブルーの長袖シャツにブルージーンズでした。名古屋弁はしゃべりませんでしたが、大阪では「おおきに、いらっしゃいませ」なんて言っていたそうです。

ただ、今年、60才をむかえる歌手としては、やはり声の変化は避けられません。以前よりも、ささやき声に近い感じでした。それが予想できても会場に足を運ぶということは・・・・・好きなものは好きってことでしょうね(^_-)

今回は、インターネットで知り合った友人たちと会場内やコンサート後にお会いでき、情報交換も出来ました。仲間がいると、楽しさも倍増です。

こんなすてきなツアー・パンフレットが会場で売られていました(左が表紙)。
Art Booklet Coverその中の1ページから
inside of the booklet

以下、曲ごとの印象記:

1. A Heart in New York
ギターのイントロが太い音。カポなしで、Eric Weissbergがギターを弾いていました。A heart〜のところで左胸に手を当てていました。歌い終わって、自分の故郷、ニューヨークをtroubled city(テロ事件のことか)だと言っていたのが印象に残っています。
2. I Only Have Eyes For You
Ericはエレキ・ギターに持ち替えてイントロ。美しいDoo Wapの曲。
3. American Tune
My home countryの歌だと紹介して歌いはじめる。地味ではあるが信じがたいくらい美しいアレンジ。背中がぞくぞくするほど。歌詞の最後を少し変えて、that's all I'm tryingを繰り返して終わる。
4. A Poem On The Underground Wall
Simon & Garfunkel's most weird song〜と紹介。
5. Skywriter
唄いながら、空中に指で文字を書く仕草。
6. Cecilia
ドラム・ソロが見事。
7. Scarborough Fair
Ericのギターがメロディーに良く合っていた。
8. April Come She Will
イスに腰掛けてゆったりと。
9. Dueling Banjos
Artはお休みで、シンセサイザとバンジョーの掛け合いが見事
-----20分間休憩-------
10. El Condor Pasa
恐ろしく大げさなアレンジ。 イントロだけ聞くと何の曲か分からないくらい。
11. A Perfect Moment
「2002年発売に向けてあたらしいCDを録音した。6曲は僕の歌(自分の詩と言う意味らしい)」と言って紹介。6曲といいながら、片手を見せて、5本の指を出していた(^.^)
12. All I Know
ジミー・ウェッブの美しい曲。終わりで盛り上がらないアレンジ。
13. Bright Eyes
奥さんのコーラスが無いのがさみしかった。
次の曲が始まる前に、「日本語を覚えたので...ウナギ、アナゴ....」「I can say うれしいです」とか言って会場を笑わせていた。
14. Mrs. Robinson
野球選手の名は……..ジョー・ディマジオでした。
15. Bridge Over Troubled Water
最初で、アーティが小さな咳払いをしたので、冷や冷やしましたが、ちゃんと最後まで唄いました。2番と3番の間でピアノが一瞬不安定な音を出したので、変に思ったのですが、このときKeyを転調したようです(^_^;)
このあとは、大喝采、スタンディング・オベーションでした。
-----アンコール------
16. Kathy's Song
Paul Simon's most beautiful love song と言って紹介。もともと、ポールの恋人の歌。奥さんKimの本名がKathrynだから?
17. The Sound of Silence
flash of a neon lightのところで、キーボードの高い音が入る、Across Americaと同様のアレンジ。
18. Goodnight, My Love
最後に「おやすみ」と日本語であいさつ。
観客席に背を向け、ステージ中央のカーテンに消えました。


HOME2009 S&G Tokyo | 2009 S&G Nagoya2001 Art | 1993 S&G | 1982 S&G | 1974 Paul | S&G LINK |

Copyright (c) 2001, Yoichi Oguchi (yoichi.oguchi AT gmail.com)