ホリディ・イン京都のハンディキャップ客室


ホリディ・イン京都に泊まった訳

なぜ、ホリディ・イン京都に泊まったのかというと
割に安くて、ハンディキャップ客室に泊まれる部屋を探していた。
1泊1万円ぐらいと記憶している。

それと、このときは仏教大の夏のスクーリングに参加したので、
仏教大にも近いことが、重要だった。
(移動手段がタクシーに限られていたから)

ハンディキャップ客室内から扉の方をみる

室内から扉の方を見たところ。
備え付けの机と右に見えるベッドの間が
狭くて、車椅子がぎりぎり通れる幅。
右手扉手前にがバス・トイレがある。
入り口はフラットで、大きな引き戸。

ハンディキャップ客室内のバス(浴槽)

手すりが多く付いてので、
移動するのには困らないが、
乗り移りの中継に使える場所がなくて、
バスタブの横に車椅子をつけた。
車椅子を入れるスペースはあった。

ハンディキャップ客室内のトイレ

手すりは、両方とも固定式です。
右は、洗面台で下があいているので
車椅子で使いやすいです。
洗面台の下に置いてあるのは、
バスタブの中に入れて使う台のようです。

ホリディ・イン京都に泊まった感想

では、実際に泊まって
どんな感想だったかというと、
設備的には、いろいろ未完成な部分も多かったけど、
その部分を、人的な部分でずいぶんカバーしてくれた。

フロントが3階にあって、そのままエレベータで行けなかったが、
毎回ホテルの人が付き添って
従業員用のエレベータを使わせてくれた。

1階の喫茶店やパン屋さんに行くときも、
すぐにホテルの人が来て、連れて行って
店の人に頼んで、買い物や食事が終わると
ホテルの人が店に迎えに来てくれて
部屋まで連れて帰ってくれた。

入浴も、午後10時までなら、従業員の手が多いので
介助fできますと言ってくれた上、
このホテルはコインランドリーがあったので、
フロントに言えば、特別にコインランドリーで
洗濯・乾燥も手伝ってくれた。

と、ずいぶんと介助をしてくれた。
結構助かった。





戻る

ぐっちょのトップ

次へ