マリオットアソシアホテル(JR名古屋駅上)


なぜ、マリオットアソシアホテルに泊まったのか。

2002年7月に、マリオットアソシアホテルに泊まった。
新しいホテルだったのと、
ハンディキャップルームを見たかったから。
それに、下の階にある高島屋、東急ハンズへも行ってみた。

泊まった感想は、部屋自体は広くて問題は少ないが、
困ったことは、
廊下のふかふかなカーペット。
車椅子の車輪が沈んで、自走がしづらい。
逆に、フロント前はピカピカに磨かれていて、
つるつる滑ってしまいそう。

ハンディキャップ客室内のトイレ

トイレは、下の写真。
向かって左(座ると左手)の手すりは、
可動式です。

ハンディキャップ客室内のバス

ハンディキャップ客室内のバスルームは、
入り口は、段差がなく、間口も広い。
もちろん、扉は引き戸で、動きは軽い。

中も結構広くて、車椅子で自由に動けた。

バスは、完全な洋式バス。
トランスファーボードが備え付けてある。

ハンディキャップ客室内の洗面台

洗面台は、下が空いていて、
高さはやや高めだった。
奥に、ものがあると、取りにくい。
洗面台の下に物が置いてあるのは、
動かせる物はいいが、
下の写真にあるような、
シャワーチェアや台などは、一人では
動かせないので、困ってしまう。

ハンディキャップ客室内の洗面台下

洗面台下には、
ワゴンも置いてあって、
そこに、アメニティセットやタオルが
上段の棚においてあったのは、うれしかった。
自由に使えて、良かった。
下の写真の中央より右が
タオルが置いてあるワゴン。
右端がアメニティーセットが置いてあるワゴン。
上の写真の洗面台の左下に写っている物と
同じ。

ハンディキャップ客室内のクローゼット

この部屋のクロゼットは、
掛けるところが、下についていて、
車椅子でも、問題なく使えた。
うれしいことだ。

部屋から見た風景

部屋は、南向きで
ちょうど、JR、名鉄、新幹線の線路が見えている。

部屋から見えた夜景

上の写真の位置の夜景です。





もどる

ぐっちょのトップ

次へ