私の車椅子&車


私の障害

私の障害。
両下肢不全麻痺、体幹機能障害。

両下肢不全麻痺とは、両足の完全ではないが麻痺がある。
 私の場合は、両足の感覚がしびれていて、力も正常の半分。

体幹機能障害とは、お尻や腰や腹部、胸部の部分の感覚異常や力が入らない。
ようは、体が上手に支えられない。
 私の場合は、下腹部の感覚が全くない。
 お尻も感覚が弱く、筋肉もほとんどない。

私の車椅子(その1)

スウェーデン製
スペリアJさくら
日本仕様に改造がされている。
フランスベッドメディカルから買った。
重さは17kg。
重い方だと思う。
後ろの箱は、車椅子が入っていた。

私の車椅子(その2)&愛車

右手前に写っているのが「パンテーラ」
これも、スウェーデン製。
テレビドラマ「ビューティフルライフ」で
ヒロインが室内で使っていたメーカーのもの。
軽い(8kg)
回転も速い。
狭い室内でも、動き回れる。

後ろに写っているのが、私の愛車。
通称「青ヴィータ」
手動装置を取り付けています。

私の車椅子(その3)

実は、復職するにあたって、
パンテーラをもう1台買った。
今度は、枠が黒色。

また、ここには載せていないが、
日本製の車椅子を1台持っていたが、
太ったため、サイズが合わなくなったので、
廃棄して、
別に、スウェーデン製のスペリアJ2を買った。
(上に載せているスペリアの後継のもの)

パンテーラをタクシーに積んだところ

パンテーラは、2つ折りにならず、
背もたれが倒れるタイプ。
しかも主車輪(大きい車輪)がはずれる。
タクシーのトランクに積み込むのには
慣れが必要。

パンテーラに乗っている私

上の写真は、パンテーラに乗っている私。
手に持っているのは、デンマーククランチという杖。
現在は、この杖でわずかに3mぐらい移動はできる。
この写真は、名市大病院の新病棟の前で写した。
(2004年6月)

愛車「青ヴィータ」の手動装置

私の愛車の「青ヴィータ」の運転席に付いている
手動装置。
T型です。

愛車「青ヴィータ」の手動装置拡大

このT型のレバーで、
向こうへ押すと、ブレーキ、
手前へ引くと、アクセル。
赤いボタンは、ホーン。
小さいレバーは、方向指示器で、
左へ倒せば、左のウインカーが点滅、
右に倒せば、右のウインカーが点滅。





戻る

グッチョのトップ

次へ