HOME > 薬害エイズ

| 愛知ヘモフィリアの会血液・HIVニュース | リンク |

2005-07-30 rev.5

薬害エイズを考える

自身が直接関わった範囲で薬害エイズ事件(血液凝固因子製剤に起因するHIV感染)の歴史、社会的問題、市民運動を考察します。

薬害エイズの歴史 - もうひとつの観点から
薬害エイズの被害者のほとんどが血友病患者です。製薬会社は、いかにして患者会に非加熱濃縮凝固因子製剤を売り込んだのでしょうか? その歴史を、愛知県の血友病患者会「鶴友会」を舞台に説明を試みます。

理不尽な死を迎えた友へ
薬害エイズで死を迎えた友との関わりを中心に、文をまとめました。

私とHIV訴訟との関わり(追加中)
いわゆるエイズ・パニックのなかでのHIV訴訟へ至る道のり、傍聴記、原告との交流、支える人たちを中心に記録します。主として東京HIV訴訟ですが、途中から愛知の様子を織り込みます。
なお、このページは「薬害オンブズパースン・タイアップ名古屋」のニュースレターNo.17から開始した連載記事のノー・カット及び加筆版です。
1 まえがき
2 提訴への暗い道
3 初めての傍聴
4 証人調べ
5 愛知県からの提訴
6 私にとってHIV訴訟は何であったか

「薬害エイズ裁判史」第2巻 第4章 第5節を批判する
弁護士たちが書いた本を批判します。弁護士も,気に入らない事実は無視するということか?

薬害エイズ資料庫
(1) 映像資料
(2) 文献(未作成)


Copyright (c) 2000-2005, Yoichi Oguchi

ホームに戻る