| HOME > 薬害エイズを考える > 私とHIV訴訟

愛知ヘモフィリアの会 |血液・HIVニュースリンク

私とHIV訴訟の関わり

大口洋一

2004-10-17 rev.5

1. まえがき

HIV訴訟(薬害エイズ訴訟)はいろいろな人たちに支えられた訴訟です。1989年(平成元年)に大阪地裁と東京地裁に提訴され、1996年(平成8年)に和解となりました。被害者の大部分が血友病患者で、ある意味、狭い世界で起こった事件と言えます。すでに患者会があり、製薬会社や医師との強固な結びつきがあった世界へ薬害がもたらされたのですから。
(血友病については、こちらのページに解説)

コンコエイトの能書私自身、血友病Aの患者です。非加熱の濃縮凝固因子製剤を使用していましたが、HIVには感染しませんでした。(左の画像は、ミドリ十字社の非加熱濃縮凝固因子製剤「コンコエイト」の添付文書)

当初、自分はこの事件の目撃者であると考え、冷静に客観的に語ることが出来ると考えていましたが、最近、それは少し違うとわかりました。その根本に、一緒に行動した人たちが、次々と逝ってしまったという現実があります。発症予防治療の話をしてくれた東京のKさん、論争相手でもあった愛媛の赤瀬さんや京都の石田さん、私の心の支えであった大分の草伏村生さん、東京HIV訴訟の原告団事務局をつとめた山口史郎さん、愛知から最初に東京地裁に提訴した彼、地元の血友病患者会で一緒にキャンプに行った彼、病院の待合室で話をした坊や、などなど。残された私は、法的には他人でも、気持ちの上では、まるで遺族です。(文中、ペンネームなどは、そのまま表記します)

このせいか、HIV訴訟を振り返ると、とても冷静ではいられないときがあります。心の奥底に傷があるようです。(血友病仲間が多かった人ほど衝撃は大きいでしょう。全国に何人も同様の人がいるはずでは?)

感染しなかった血友病患者は安心して気楽に生きてきたのでしょうか?全く違います。

1986年から1988年に起こった、いわゆる「エイズ・パニック」をご記憶でしょうか?感染者を社会から排除することで未感染者の社会を防衛しようとする発想が、マスメディアを動かし、排除されるべきものとしてHIV感染者が報道されたのでした。いくら、最初の感染者が同性愛の人だと報道されても、同時期に血友病患者の感染が報道されていました。関西の新聞では、「血友病患者エイズに感染」と4〜5cm四方の活字が見出しとなりました。したがって、このとき、全ての血友病患者が(HIV感染の有無を問わず)差別視の対象となったのでした。そして、血液凝固因子製剤の安全性が疑問視されているならば、これは全ての血友病患者の問題だと、私は直観しました。

同性愛の人たちにとっても非常に深刻な状況であったことは、後で知りました。

私自身、1987年から始まったエイズ予防法の反対運動に2人の友人と名古屋から参加し、また、1990年6月18日の第3回口頭弁論以来、何度も東京地裁に傍聴に行き、人脈を作り、そこで得た情報を愛知の仲間に配布する活動をしました。また、感染した仲間に東京での訴訟に加わるように働きかけることもしました。しかし、愛知の保守的な風土は壁を作りました。

以降、裁判傍聴と、支えた人たち、愛知での反応など、書物に書いてない部分を書いてみたいと思います。

注:エイズパニックについては次の文献をおすすめします:
(1) 池田恵理子、1993, エイズと生きる時代,岩波新書 272
(2) 菊池 治、1993、つくられたAIDSパニック、桐書房

次回へ>>


Copyright (c) 2000-2004, Yoichi Oguchi

▲ページ・トップへ