| HOME > 薬害エイズを考える > 私とHIV訴訟3

愛知ヘモフィリアの会 |血液・HIVニュースリンク

私とHIV訴訟の関わり

大口洋一

2004-10-17 rev.1

3. 初めての傍聴

1990年4月22日,東京で,「HIV訴訟を支える血友病の会」が結成されました。薬害エイズは,ほとんど,血友病という狭い世界で起きた事件です。しかし,既に存在した血友病患者団体の中には製薬会社と仲が良かったり,世の中の変化に付いていけない団体もあり,必ずしも感染被害者を支えませんでした。そのため,感染被害者と有志が,このような会を別途結成したのです。
私も一時期,この会の役員をしました。当時,パソコン通信の会議室でHIV関連の情報交換が始まっていました。大分の草伏村生さんとパソコン通信の話をし始めたのもこの頃だったと記憶しています。
この会は,後に「HIV訴訟を支える会」となり,一般の人たちも会員となります。

1990年6月18日(月),東京HIV訴訟第3回口頭弁論を傍聴に行きました。何のために傍聴するかというと,世の中が原告を支援しているということを,裁判所に対して,知らしめるためです。そのためには傍聴席を原告・家族と支援者で一杯にする必要がありました。13:00から全く初めての傍聴。原告側(被害者側)からの主張を3人の弁護士が述べて30分くらいで,終わりでした。膝の上のノートブックに可能な限りメモを取りました。これ以前に何か事件がキッカケで法廷でのメモが可能になっていました。

同日、13:40から、裁判所すぐ裏の東京弁護士会館304会議室にて裁判報告会です。
以下,報告会のノートから:

AS弁護士「わざわざ遠くから来られた人もいるのに、30分程で法廷が終わって何をしていたのか分からない人も多いと思います。通常の法廷は、2、3分で終わってしまうので、これでも長い方です。本来なら、支持者の皆さんに、書面を全部コピーして渡したい。しかし、オープンにできない部分もあり、又膨大な量なので、コピー費用と時間がありません。そこで、この様な機会と弁護団ニュースなどで、説明することにします。
 被告から、大量の書面が出されていますが,その中身は、原告側から出したものから、自分たちに都合の良いものを抜き出しただけです。
 次回の弁論期日にも,たくさんの人が傍聴に来てほしい。この裁判に、どういう願いが込められているかを、裁判官に見せてほしいのです。」

TS弁護士「2か月に1回、口頭弁論をやり、そのあいだに実質的に裁判を進めるための打ち合せをします。
弁論は、大きな法廷でやってほしいと、原告側も被告側も要望していますが,裁判所が踏み切らない。民主的な裁判のために傍聴人を多くしたい。傍聴人がいないと、寝てしまう裁判官もいます。
 地域で勉強会を開くなら、私達も、やりくりして出かけます。協力してくれる弁護士もいろいろな地方にいるので、ぜひ、地方でも勉強会を開いください。」

初めての裁判傍聴に緊張していた私も,血友病仲間(感染している人も,していない人も)の存在と,この裁判報告会の穏やかで前向きな雰囲気で,すっかり落ち着いて知識を吸収し,新たな友人を作ることが出来るようになっていきました。
また,傍聴に来た人の中には,訴訟を避け国会議員を通じて被害救済を求めていた人たちもいて,感染被害者の間には,いろいろな考えの人がいることを,改めて認識しました。

<<前回へ次回へ>>


Copyright (c) 2004, Yoichi Oguchi

▲ページ・トップへ