| HOME > 薬害エイズを考える > 私とHIV訴訟4

愛知ヘモフィリアの会 |血液・HIVニュースリンク

私とHIV訴訟の関わり

大口洋一

2004-10-17 rev.0

4. 証人調べ

1991年3月3日 HIV訴訟を支える血友病の会理事会に出席しました。
この時,
(1)原告団が原告になってくれる人を探すのを、側面から協力する。
(2)何らかのイベントを実行し、原告を勇気づけると共に、社会に裁判の意義をアピールすることを検討する。
(3)患者によっては、「そっとしておいて欲しい」などの感情を持つ人もあるので、十分な配慮を行うが、不必要に消極的になってはならない。
などの方針が決まりました。なんとか愛知での活動につなげようと腹案を練り始めました。

1991年3月4日、東京HIV訴訟第7回口頭弁論傍聴(東京地方裁判所第103号法廷)を傍聴しました。
 原告(被害者)側弁護団の主張 「1982年7月の時点で、AIDSが血液を通じて伝播することは予見可能だった。血液凝固因子製剤は、ウィルスに対して無防備だった。ウィルス同定前に、アメリカ疾病防疫センター(CDC)は、伝染性と言明していた。
 わが国で、1983年までAIDSの確たる所見がないと被告は主張しているが、専門家の間では、ウィルス性と判っていた。予防対策をウィルス同定まで待つ必要なかった。」

同日,口頭弁論後の報告集会(東京弁護士会館3階)にて

I弁護士 「濃縮製剤は1970年につくられ、1978年に日本で使われるようになるまでの間、欧米では、肝炎の被害がたくさんでている。国は、肝炎被害を知っていて、その上で認可したのか?肝炎ウィルス対策をやれば、HIVの問題はでなかったはず。日本でも、フィブリノゲン(血漿タンパクの一種)を除く目的で、56度加熱の実例があった。1978年に第VIII因子の製剤がつくられた。製剤純化の目的だったがウィルス対策にもなった」

私の感想
 現実にはアルブミン(血漿タンパクの一種)製剤を加熱始めたのが,肝炎ウイルスが特定される前だという歴史があるそうです。要するに,病原体の正体がわからなくとも,手だては出来たはずだということだと思います。リスク管理と言う言葉がありますが,riskとは良くないことが起きる可能性のことです。リスクがあるとわかるなら,対策を立てるべきでした。
1983年6月に,名古屋大のK医師が「今の製剤(非加熱濃縮製剤のこと)は,赤ちゃんなどのように初めての人に使うと,すぐに肝炎になってしまうほどのものだよ」と言っていたのを,思い出しました。それなら,何故,対策を取らなかったのか?

1991年6月7日 東京HIV訴訟第8回口頭弁論傍聴(東京地方裁判所103号法廷)
初めて大阪訴訟の弁護団9人と患者(石田さんら)が傍聴にきていました。
 この訴訟の初の原告側証人尋問です。山田兼雄証人と村上省三証人でした。ここでは,最初の山田兼雄証人(聖マリアンナ医科大学、小児科/厚生省HIVキャリア発症予防研究班主任研究者)について書きます。

山田兼雄証人「わたしは、慶応大学の助手時代から血液凝固をやっている。血友病の臨床を30年近くやっている。わが国では、血友病AとBを合わせて約4000名を数える。Von Willebrand病をいれ、5000人くらいである。先天的に凝固因子を欠いているもののうち第VIII因子を欠乏すると血友病Aとなり、第IX因子を欠乏すると血友病Bとなる。日常の擦り傷は問題なく圧迫で止まる。問題は、深部出血である。出血速度が速いという事はない。因子濃度が、正常人の1%以下なら、重症というが、必ずしも出血頻度と関係無い場合がある。関節出血がおこると、関節腔(くう)がふくれる。やがては運動障害を起こす。これらが日常体験する。他に、口腔粘膜や歯肉出血など。」

 被害者側 N弁護士「関節出血から死に至った例はあるか?」

 山田「ない」
 被害者側 N弁護士「治療方法は?」

 山田「因子製剤を用いる補充療法をする。根治療法はない。補充療法の歴史は、全血から、血漿、つぎに、第VIII因子のクリオプレシピテート、その後に濃縮製剤とかわっていった。」

 被害者側 N弁護士「クリオの利点は?」

 山田「小量ですみ、病院での保存にも良い。重い後遺症少なく、手術しやすい。私自身、クリオを輸注しての手術を3例経験している。また、歯科へ行く前にクリオを打って抜歯することもある。」
 というように,自身の経歴,血友病の病態にはじまり,治療用の製剤の特徴を述べていきました。厚生省エイズ研究班血液製剤小委員会が,血友病患者を守るために機能しなかったこと,加熱製剤を早く輸入することが必要だったこと,また,「感染者は、職場を追われ、また、家族感染の例もある。感染としては、肝炎と同じだが、社会的状況が違う」と社会状況まで言及されました。
 最後に,「長年の血友病専門医としての意見は?」と被害者側弁護士から聞かれて,「医者が一番愚かだった。医者が社会的問題も考えるべきだった。」と山田証人は回答されました。

この最後の回答はなかなか解釈が難しいと思います。医者の何がおろかだったのか? 小委員会がまともな結論を出せなかったことなのか?患者に濃縮製剤を勧めた医師が多かったことか?医師だけが製剤を選ぶわけではありません。まず,製薬会社が作り,厚生省(当時)が認可し,病院・薬局が仕入れるのです。止める,あるいは疑問をはさむステップは幾つかありました。一度真意をお尋ねしたいところでしたが,山田先生は2004年6月に逝去されました。

午後3時過ぎ、村上省三証人は元輸血学会会長です。
この時,もっとも印象に残ったのが日本の献血と売血の事情についてです。

 村上「昭和20年代は献血でやっていたが、その後、民間がでてきて売血が多くなった。昭和35年頃(1960)は殆ど売血だ。売血だと、住所が殆どでたらめなので、Rhマイナスの人を後から探すことすらできない。当時、採血及び供血者あっせん取締法が守られていなかった。供血者は、誇張だが、「黄色い血」といわれ,肝炎の危険性があった。」

 被害者側S弁護士「ライシャワー大使の事件(1964)について?」
 村上「フジ血液銀行の売血由来の血液で血清肝炎をおこしたものだ。この当時、厚生省は献血まで考えていなかった。マスコミが、献血を支持してくれた。」

 S弁護士「昭和49年(1974)の閣議決定「保存血液を献血により確保する」について?」
 村上「厚生省が認可していたものが保存血しかなかった。しかし、保存血液でなく、医療用血液と書いておいてほしかった。医療用血液をすべて、血漿分画製剤も含めて、献血でまかなうことがもっとも重要。献血の推進は、血液銀行が撤退してくれたから可能になった。献血が増えるにつれて血清肝炎は減っていった。」

現実に,血漿分画(ぶんかく)製剤を含め,献血でまかなわれるようになるのはずっと後,2002年のいわゆる血液新法まで時間がかかりました。

報告集会での弁護士の話だと「傍聴券配布をして人数制限すると、マスコミに顔を写される可能性がある。だから、われわれで傍聴人の人数を調整するから傍聴券方式はやめてほしいと裁判所にお願いした」とのことです。裏方には非常な苦労があるようでした。
 会場にいた新聞記者の話では,「報道すれば協力者も増える。製薬企業の中にも協力者はいる」とのことで,私たちも何らかの努力をしたいと考えつつ,名古屋に帰りました。

注1:これらの発言は,全て私のノートからです。発言者の言い回しを完璧には捉えていない可能性があります。
注2:「原告側」という書き方がわかりにくいかと思い,「被害者側」と表記しました。
注3:登場人物の肩書きは全て当時のものです。

<<前回へ次回へ>>


Copyright (c) 2004, Yoichi Oguchi

▲ページ・トップへ