|HOME > 薬害エイズを考える > 私とHIV訴訟6

愛知ヘモフィリアの会 |血液・HIVニュースリンク

私とHIV訴訟の関わり

大口洋一

2005-07-30 rev.0

6. 私にとってHIV訴訟とは何であったか?

私は何者か? 利害関係者は誰か?

ふと考えました,自分は何者なのだろうと。
薬害HIV事件の感染被害者でもなく,弁護士でもなく,単なる血友病患者のくせに,感染被害者に訴訟に加われと説いたりしました。
みなさんは,ステーク・ホルダー(stake holder)という言葉をご存じでしょうか?利害関係者などと訳されるようです。例えば,企業から見て,顧客,株主だったり,従業員だったりします。
そう。薬害HIV事件からみて,血友病患者全体(あるいは凝固異常症と言うべきかもしれないが,血友病という言葉で代表させます)がステーク・ホルダーだと思います。凝固因子製剤の安全性は,それを注射される人たち全体に影響します。従って,製剤の不備を正し,もっと安全な世界を築くために,何かしなければならないのでした(薬害HIV事件が血友病の世界に大影響を及ぼすと最初に考えたのは「エイズ予防法」案が出たときです)。別の言い方をすれば,HIV訴訟で原告が勝たなければ,製剤の安全性は曖昧にされ,血友病全体に悪影響が大きいと考えました。
(感染しなかった血友病患者にも偏見と差別が深刻な問題を引き起こした事例があります。薬害HIV事件の社会的被害者です)
したがって,私自身は「支援者」ではないと考えています。友だちが感染したから,その人のために何かをしていたというわけではない。自分を含めた血友病患者全体のために行動していただけです。その意味ではもっと積極的に発言・行動すべきでした。

HIV訴訟との訣別か?

1996年3月 東京地裁と大阪地裁で,HIV訴訟は和解が成立しました。原告の勝利です。翌1997年,被害者自身が自分たちのための救済活動を行う目的で「はばたき福祉事業団」(http://www.habatakifukushi.jp/)を結成しました。
1997年7月「はばたき福祉事業団」から「新事務所披露のご案内」が届きました。その7月15日に東京の飯田橋の近くに借りたビルで,事務所を開設するので披露しますとのことでした。
その通知文を一通り読んで,目頭が熱くなり,涙がこぼれてきました。
その涙のわけは,二つあります。
一つはうれし涙です。プライバシーを気にしていた彼らが,秘密組織(注1)にするのでなく,堂々と事務所を借りたこと。その過程には相当な苦労もあっただろう。私には関係ない組織なのに自分のことのように嬉しかった。尊大な表現かもしれませんが,彼らも独り立ちできるんだなと思いました(注2)。もうこれで,自分の役目も終わったなと安心しました。
もうひとつは,悔し涙です。私としては,訴訟後の血友病の世界を立て直すことも視野に入れていたので,原告のみなさんと共に戦いたかった。でも,原告の皆さんがプライバシーの漏洩を恐れたこと,また,名古屋では弁護士が訴訟支援活動を仕切ったことなどの理由で,一歩離れたところにしかいられなかった。友人が先に逝ってしまったのに,自分が後に残っているつらさ。そんなことが一瞬にして頭の中をめぐり,涙がこぼれました。自分自身,かつてのミドリ十字社所有のマキノ寮でのサマーキャンプに子どもたちを連れて行くなどして,一時的であるにせよ加害者の宣伝に一役買ってしまったことも思い出しました。
ある意味では,この時,HIV訴訟と一旦の訣別ができたかのように感じました(現実にはHIV訴訟の航跡の中にいるようです)。今後は,経験を生かして,今後も生まれてくる血友病患者たちの未来のために活動しようと考えました。

安全な世界となったのだろうか?

2004年6月19日,20日 「血友病とともに生きる人のための委員会」(http://www.jcph.jp/)が企画した行事に参加し,血友病の子どもに凝固因子製剤の製造工場を見学させる試みの引率者として,千歳にある,日本赤十字社血漿分画センターへ行きました(詳細は別ページ参照)。
凍結した血漿の袋や凝固因子を分離する装置類を見ながら考えました,今の子どもたちは22年前(注3)よりも安全な世界に住んでいるのだろうかと。
今の国内献血は,かつての外国売血よりも安全なのでしょう。一方,遺伝子組み換え型の製剤の原料はヒトの血液ではありませんが,ヒトの血清アルブミンを安定剤として添加しているものがあります。また,今の血友病の子どもたちのなかには,たっぷり注射してスポーツも健康人なみにやっている子がいます。どの製剤がリスクが低いのだろう?どこまでが適切な凝固因子製剤の使い方なのだろう?と考え込んでしまいます。
いずれにせよ,ここまでやってこられたのは,愛知県の少数の(感染,非感染を問わず)血友病仲間と,東京,大阪に結集した原告の皆さんのおかげであることを付記して感謝します。
さて,自分が何をなすべきか,日々考え,必要ならば方向修正しなければなりません。最後まで読んで下さった皆さんに感謝すると共に,なにか御意見ありましたら,いつでも声をかけて下さるようお願いします。

注1:「秘密組織」という表現自体は冗談と理解して下さい。しかし,外から見てHIV被害者の自助組織と一見分からないようにする選択は出来たはずなのに,それをしなかったことに敬意を表します。
注2:もう支援する必要がないというわけでなく,一つの節目を迎えたということです。
注3:私が持っている限り,日本で最初のAIDS報道は1982年7月20日の毎日新聞に掲載された時事通信の「奇病」との報道でした。

<<前回へ


Copyright (c) 2005, Yoichi Oguchi

▲ページ・トップへ