| HOME > 薬害エイズ > 「薬害エイズ裁判史」を批判

|愛知ヘモフィリアの会 |血液・HIVニュースリンク

2003-10-18 rev.1

「薬害エイズ裁判史」第2巻 運動編 第4章 第5節を批判する

大口洋一

2002年8月、次の本が出版されました:

「薬害エイズ裁判史」 第1巻〜第5巻 東京HIV訴訟弁護団 編, 日本評論社,2003

私のこの本 全5巻 を2003年2月に入手し,第2巻のp117-123を読み,驚きました。

第2巻 第4章 第5節 「名古屋(中部)の運動」の I 「活動の端緒(1994年[平成6年]9月」では次のように記されています:

名古屋での活動は,1994年(平成6年)9月,東京弁護団が,当地で医療事故被害者の救済に取り組んでいる医療過誤問題研究会に対し,地元での取り組みを依頼したことに始まる。 その際には,東京在住の原告(感染者本人),愛知県在住の提訴予定者佐藤(仮名,感染者本人)も同行し,出席した弁護士に対し,直接今まさに自己の経験している被害の実態を語り,各地での地元弁護士による取り組みが不可欠であることを訴えた。

これでは,歴史を歪曲することになります。このサイトのこちらのページに書いているとおり,仲間と私が1987年から,この地方の血友病患者に,HIV治療と訴訟の情報を配布していました。なおかつ,私は1994年秋に名古屋の弁護士とも会合を持っていて,この地方の実状を私が弁護士らに説明しています。また,上の文に出てくる佐藤(仮名,感染者本人)とは,こちらのページの霧野くんです。

同じく 同巻,同章,同節 の II 「東海地区の感染被害者の状況(〜1994年[平成6年])」では次のように記されています:

東海3県にも,他府県と同様,血友病患者会として,それぞれ「鶴友会」(愛知県),「岐友会」(岐阜県),「栄友会」(三重県)という団体が存在しており,特に「鶴友会」は,その会長北村千之進が「全国ヘモフィリア友の会」の会長も務めていたほどで,実質上,前記3会を束ねていた。そして,本来,患者会は感染被害者の先頭にたって,感染者の救済に取り組むべきであるにもかかわらず,北村会長は,製薬会社,特に被告企業であるミドリ十字との関係が深く,東京・大阪両地裁での提訴後も裁判に否定的な態度をとっていた。

これ自体は正確に書いてあるように見えます。しかし,やはり,1993年以前から,鶴友会の有志(私たち)が何度も,大阪や東京に通い,情報を収集し訴訟へつながる運動をしていたことを無視しています。 特に,私たちは1989年に3人でささやかな血友病患者会を作って活動していました。つまり,愛知県にもう一つの患者会(弱小であったことは認めるが)があり,訴訟支援活動をしていたのです。(後には,マスコミでも報道されました)

鶴友会の名前を挙げて,批判したりするならば,全部の患者がその会に同調せず,分派を起こしていた事実も述べるべきではないでしょうか?

さらに,同節 VII の「東京地裁第八次提訴(1995年[平成7年])」(P120)では次のように記されています:

岐阜県の血友病患者会である「岐友会」が,「鶴友会」と明確に訣別し,感染被害者の提訴について,全面的に支援する態勢となったこともあって,1995年(平成7年)12月26日行われた東京地裁第八次提訴には,岐阜県在住者を中心に東海地方から18被害者が参加することができた。

これでは,岐友会だけが,この地方で感染被害者の味方であったと読めてしまいます。ここでも愛知の少数派を無視しています。

この本を事情を知らない人が読めば,弁護士が動き出す1994年まで,中部の血友病患者は,何もしなかったと読めてしまいます。
とくに,第4章は各地の運動を述べており,各地の支える会の様子が述べてあるなかで,このような書き方をすることは,歴史を歪曲することであり,私たちの活動に対する侮辱であると,私は考えます。

この第5節は,内容からして,名古屋の弁護士が書いていると,私には判断できます。第2巻あとがき(P336)で,執筆者の中に名古屋のM弁護士の名前がでてくることからも間違いありません。それならば,事情は執筆者にはよく分かっているはずです。

しかし,薬害をひろめる医師がいるくらいですから,歴史を歪めた本を書く弁護士がいてもおかしくないかもしれません。
ともかく,私としては,今後一切,名古屋のHIV弁護団の一部に協力する気はなくなりました(といっても,もう,協力することもありませんけど)


Copyright (c) 2003, Yoichi Oguchi

ページ・トップへ