| HOME >血液,HIVニュース > こども探検隊

2004-07-19 rev.1

子ども血液探検隊の報告 −日本赤十字社 血漿分画センターの見学 (大口洋一)

日時:2004年6月19日−20日(土,日)
場所:北海道千歳市 日本赤十字社 血漿分画(けっしょうぶんかく)センター

東京に本部を置く「血友病と共に生きる人たちのための委員会(委員長 仁科豊氏)」(Japan Committee for People with Haemophilia,略称:JCPH,愛称J-Hemo)というグループが,血友病の子どもに凝固因子製剤の工場を見学させる行事を6月19日・20日に行いました。

今回は第1回の試行で,全国的な募集はせず,委員が知っている範囲で参加者を募集しました。
私(大口)も委員の一人なので,愛知ヘモフィリアの会会員で,e-mailで連絡の付く方に連絡したところ,小学校4年生と小学校6年生のお二人が参加希望されましたので,私が名古屋空港から引率して,北海道まで行きました。
東京から3人,関西から3人,愛知から2人の,小学4年生から中学1年生までの血友病の子どもたち8人が参加しました。
主な日程は次の通りです。

第1日:

第2日:

日本赤十字社 血漿分画センターは,献血を元に作る血液凝固第8因子製剤「クロスエイトM」の唯一の工場です。国内に血液センターは各県にありますが,クロスエイトは,ここ千歳だけで作られています。他に,アルブミン製剤と免疫グロブリン製剤を作っているそうです。

全国の血液センターから送られた血漿の袋(写真 下) 献血された血液から採られた物です。

凍結血漿の袋

この血漿はマイナス30℃の部屋で保存されます(写真 下)。 腕だけのロボットが黙々と働いています。ロボットは何でもしてくれますが,人間にしかできない仕事は? それは献血だそうです。

はたらくロボット

それら血漿から作られたクリオプレシピテートや,クロスエイト製造のタンク(下の写真参照)などを見学してきました。

クロスエイト製造用のタンク

写真にみるとおり,クロスエイトの製造現場はクリーン・ルームとなっており,白い服を着,帽子,靴カバー,マスクに,手袋という出で立ちで見学しました。ディジタル・カメラも滅菌の上の使用です。

見学後,血液型判定の実験や,赤血球の顕微鏡観察をさせて頂き,血液の不思議さと生命の大切さを実感させて頂きました。

一人の病人もけが人もなく,(予防投与のみ)で全行程を無事に終了し,子どもたちは大喜びでした。
工場の説明のみならず,バス送迎から食事の世話までして頂いき,また,血液まで見せてくださった日本赤十字社 血漿分画センターのみなさま,及びJCPHに深く感謝します。


▲ページ・トップへもどる

Copyright(C) 2004 Yoichi Oguchi