HOME >月惑星研究会月面課 >月面課との出会い

2004-01-18

月惑星研究会月面課との出会い

大口洋一

私自身と月面課との出会い,そして,事務局を引き受けるいきさつなどをご紹介します。なお、住居地などはすべて当時のものです。

時は,1970年代に遡ります。

月刊「天文と気象」1973年6月号 pp 8-17 に佐藤健さん(東亜天文学会)による「アマチュアによる月面観測の時代ははたして終わったか?」という記事が掲載されました。
内容は「ロケットは月面のすべてを写したか」(正確には探査機でしょうが)「ロケットではさがせない月面の異常現象」「アマチュアにできる月面観測のテーマ」とあり,月面の“異常現象”(Transient Lunar Phenomena)に関して外国では熱心に取り組んでいるのに,我が国では顧みられていないことが計3ページ近い誌面で指摘されていました。
私が知る限りでは,これ程,アマチュアの月面観測のテーマを熱心に解説したものは,店舗で販売される雑誌としてはなかったと思います。
空気の悪いところに住み,小望遠鏡しか持たない高校1年生の私にも,月はよく見えました。佐藤さんの記事に興味をかき立てられました。

翌年になり,月刊「天文と気象」1974年3月号 pp 26−27 に,篠田皎さんが,「月面異常現象ネットワークの提唱」という記事を書かれました。前述の佐藤さんの文に触発され,もともと月に興味をお持ちの篠田さんが提唱されたのは,(1)月面の“異常現象”が最大の穴場としてアマチュアに参加できる。(2)そこで,当分の間会則もない個人組織として立ち上げ,(3)”異常現象”だけを観測対象にする,(4)月面写真を利用した記録用紙を作成する,などでした。

京都にお住まいだった篠田皎さんに,参加したい旨のお手紙を差し上げたのがすべての始まりでした。
篠田さんから頂いたご返事には,「もう一つのグループが同じことを始めようとしているので一本化したい,そちらからの連絡を待って欲しい」という意味のことが書いてありました。

1974年4月7日付けの The LUNA No.14(復刊号)が届きました。発信元は京都の小松茂氏方の「月面課事務局」でした。
「復刊に際して」という無署名記事を引用します:

さて,2月3日,月面惑星研究会大阪支部が結成され,その一部門として月面課が産声を上げました。丁度その頃篠田氏の提唱があり,私達と同氏との話しあいの結果,氏が提唱された「月面異常現象ネットワーク」の仕事を担当する事となり,最初の共同テーマとして全力を上げて取り組む事となりました。「月面課」は単に「月・惑」会員や大阪近郊の方のみの物でなく,『月を観測しようとする全てのアマチュアに開かれた組織です。』従って具体的な運営等は独自に行なっていきますので,お間違いのないよう願います。

こうして,私は「月面課」に入会し,文通などでいろいろ教えられながら,観測報告を送ることになったのでした。この時点で,月面課と月面惑星研究会大阪支部や本部との関係が多少不明確なままでした。 (つづく)

注1 月刊「天文と気象」は,その後,「月刊天文」と改称されました。
注2 文中の住所,肩書き,学年などは当時のものです。
注3 月面惑星研究会は,現在では 月惑星研究会 と称しています。


▲ページ・トップにもどる