HOME > My Guitar

2007-01-07 rev.5

ギターのはなし(工事中)
Guild F112

アコースティック・ギターが大好きです。下手の横好きで、ろくに弾けないくせにギター談義が好き。
(上の写真はGuild F-112)

わたしが持っている楽器,過去の思い出深い楽器について書いておきます。

モーリスW-20

1974年 Paul Simon初来日コンサートの影響か? いわゆるフォーク・ギターを買う決心をしました。
このころ,家に,どこかからのもらいものか,クラシック・ギターにスティール弦を張ったものがありましたが,弾きにくくて練習にはなりませんでした。それは,ヤマハのダイナミック・ギターではなくメーカー不明でした。不思議なことに,誰も弾く人はいませんでした。

1975年1月ごろか,貯金が貯まったので市内の楽器屋へ一人で出かけ,アリア・ドレッドノート D-40(と思う)「特価品」を発見。20000円で購入。なぜ,そのギターを買ったのかは定かではありません。おそらく,前述のPaul Simonのステージでの記憶にあったD-35Sの裏板が3枚合わせだったことが影響しているのでしょう。しかし,家に帰ってから,表面板のクラックを発見しました。ブック・マッチの接合部に一筋入っていました。泣きたいような気持ちになりましたが,2〜3日後,店に電話すると「特価品ならそういうこともありますよ」との話。でも,引き下がらず,「買うとき,クラックあるなんて聞かなかったですが」というと「じゃあ,修理しますから持ってきてください」との答え。
次の日曜に店に行くと,「修理か,同じ値段の他のギターと交換できます」と言ってくださいました。

結局,新品のモーリスW-20(飯田楽器製らしい)と取り替えてもらいました。手放したアリア・ドレッドノートとは,明らかに音が違うなと思いましたが,傷もなく気持ちが良かったのでした。

このW-20で,The Sound of Silenceを始め,Scarborough Fair,April Come She Will などを練習しました。当時,大塚康一(やすかず)さんという方が,レコードから採譜してシンコーミュージックから出版された楽譜が,私にとってのバイブルでした。

この頃,友だちが持っていた東海楽器のHumming Birdというギターが,とても良く胴全体が響くもので,うらやましく感じました。

しかし,結局は最も力を入れていた趣味が天体観測だったので,ギターも上達しませんでした。
(このギターは友人に譲渡したので,手元にありません)

ヤマハ S-11

1982年5月Simon and Garfunkelがグループとして初来日。このときPaul Simonが弾いていたのは,黒い000位のサイズのギターでした。彼らの写真が雑誌に載って,すぐに分かったのは,それが,ヤマハの黒いギターだということです。後に,当時ヤマハに在職していた中本輝美さん(テリー中本さん)という職人さんが作ったギターだと分かりました。
この影響で,ボディの小さいサイズで,なおかつ音が良いものが欲しくなり,探したあげくがこのS-11です。市内の楽器店で新品で入手しました。やっと手に入れた表面板が単板で出来た持つギターでした。
このころのヤマハはXS-56Eというモデルを限定発売していました。Paulの使用モデルに非常によく似ていましたが,ボディ形状が明らかに違いました。結局,Paulそのものズバリのモデルは,ヤマハは市販しませんでした(特注でかなり近いものは出来ます)。

でも,フィンガーピッキングの,簡単な曲だけの練習で終わりました。

さて,1990年代の後半からインターネットのSimon and Garfunkelのファンの掲示板に参加するようになり,その情報量の多さに驚きました。
2000年8月,初めてオフ会(Off-line Meeting:普段ネット上でしか話をしない人たちが実際に会うこと)に参加しました。皆さんの演奏の巧さに驚き,大きな刺激となりました。
(このギターは友人に譲渡したので,手元にありません)

Guild F-112
(このページのトップの写真)
2002年12月 米国ギルド社の12弦ギター F112をヤフー・オークションで中古で入手しました。1973年の製品です。傷だらけですが,しかし,まろやかな本当にすてきな音です。すっかり木が乾いています。
2003年1月ギター工房のTone Wood(愛知県日進市)へ,リペアをお願いしました。ネックの反りと指板のはがれのためです。結局,エボニー指板に足の太いフレットを打ったもの(逆反りする)を新製し,それを接着することで矯正するという,かなり手間のかかる方法を勧めていただきました。これだと,今後,弦を張りっぱなしでも反らないということです。
3月に修理完了したものを受け取りました。指板とナットが新生され,やや引き締まった音になった気がします。
その後自分でにGOTOH製のペグに換装しました。
この12弦を手に入れてから,胴体全体が振動する心地良さに気づき,いままで持っていたS-11が,いかに貧弱は響きかが分かり,6弦のよく鳴るギターが欲しくなりました。

Martin OM-28V
OM-28V
6弦の高級機を探して,2003年4月に新品を購入。2002年製の初めてのマーティンです。ふくよかで腰のある中低音に驚いています。軽く触っても鳴ってくれます。モディファイドVネックは、慣れれば弾きやすいと思います。


(つづく)

Copyright (c) 2004-2007, Yoichi Oguchi