HOME > S&G MAIN >SOSバンド

2001 Art | 1993 S&G | 1982 S&G | 1974 Paul | S&G LINK

The Sound of Silenceのエレキ・ミュージシャンは誰?

大口洋一 2003-06-15 rev.1

The Sound of Silence(サウンド・オブ・サイレンス)は、1964年のアルバムWednesday Morning, 3AM(水曜の朝午前3時)に収録された曲です。その当時はアコースティック・ギター(2本か?)とPaulとArtのボーカルだけで録音されていましたが、1965年になってColumbia社がエレキ12弦とリズムセクションを追加録音(オーバーダブ)し、当時のFolk-rockのサウンドに仕立てたシングル盤がヒットしました。(1965年9月に米でシングルがリリースされた)
以上は、良く知られた歴史ですが、エレキ化に参加したミュージシャンは誰でしょうか?

結論はBob Dylan のアルバムBriging It All Back Home(1965年3月米で発売)と、 Highway61 Revisited(1965年8月米で発売)の両方のレコーディングに参加していたミュージシャンだということは確実と言えます。しかし、Like A Rolling Stoneの録音直後に、そのバンドを利用して実施したという話は、バンドの一員であるAl Kooperが否定しています。

以下、手持ちの書物、CDの解説冊子やWebサイトを調査した結果です:

一九六五年六月一五日、トム・ウィルソンは、エレクトリックのバックバンドをつけて「ライク・ア・ロ−リング・ストーン」にかかっていたボブ・ディランのコロンビアのスタジオ・セッションに同席していた。ディランが終わると、その同じバンドを使って、ウィルソンはベース、エレクトリック・ギター、ドラムスを「サウンド・オブ・サイレンス」のオリジナル・トラックにオーバーダビングし、ロック・ビートでパワーアップした。
「サイモンとガーファンクル 旧友」 ジョセフ・モレラ、パトリシア・バーレイ著 福島英美香 訳 1993、音楽の友社 P74(原著は1991) より

話に出てくるTom Wilsonとは当時のColumbia Recordのプロデューサーです。
このように、Bob Dylan のLike A Rolling Stoneの録音直後に、そのバンドを利用して...という話は、出典不明ながら、宇田和宏氏がレコード・コレクターズ誌に、湯川れい子氏、鈴木道子氏らがCDの解説に書いておられます。
しかし、上記の録音セッションに参加していたAl Kooper自身が、雑誌のインタビューでこの話を否定しています。

(ライク・ア・ロ−リング・ストーンの話の続きで....)
インタビュアー: 同曲のレコーディングをした日のことですが、レコーディングが終わってからトム・ウィルソンがバック・メンバーを残してサイモン&ガーファンクルの『サウンド・オブ・サイレンス』の伴奏をオーバーダブさせたという噂がありますね。
Al Kooper:まったくのデマだよ。あの曲とディランのセッションとは無関係さ。『サウンド・オブ・サイレンス』は、もともとアコースティックでレコーディングされた曲だった。レコーディングが終わると、ポールはロンドンへ戻っていった。当時はロンドンに住んでいたからね。その後トム・ウィルソンが、実験的にドラムとベースとエレキ・ギターを入れたんだ。ポールもアートもそのことを知らなかった。トムが勝手にやったことなんだ。だけど、そのテープを彼らに送ったら、彼らもそれを気に入った。それを出した結果、ああいう大ヒットになったってわけさ。ボブのセッションともオレとも、まったく無関係な曲だよ。
月刊誌「GQ Japan」 2000年2月号 pp68-73 Al Kooper 1999年のインタビュー より

以前 ちぇしゃ猫さんのWebサイト「Paul Simon Songbook」という英国BBCのラジオ番組(1991年)の翻訳が掲載されていました。この中にTom Wilsonへのインタビューがありますので、引用します。

<トム>
ある日、僕は廊下を歩いていた。スタンリー・ケヴィンという名前の販売担当の副社長が寄ってきて、「なあ、サイモン&ガーファンクルのレコードが1000枚売れているって知っているか?」「おいおいスタン。勘弁してくれよ。みんなに言いふらさないでくれよ。あれが失敗だったってことぐらい分かっているって。」<笑う>彼は、そうじゃないのだと言った。興味深いことがあるのだと。「そのほとんどが、フロリダ州マイアミで売れたものなんだ。どうしてこんなことになるんだと思う?」僕は、見当も付かない、と答えた。だから、その地域のプロモーション担当の、マーク・ウェイナーという男に電話してみたんだ。
<マーク>
僕はたまたま、誰も聴いたことがないあるアルバムが、気に入っていた。ちょうど、売り込みのプロジェクトがあって、このアルバムを、ラジオ局に・・・WIODに、持ち込んだんだ。ここでは、毎晩フォーク・ミュージックの2時間番組をやっていた。加えて幸運だったのは、フロリダには大学がいくつもあったことだった。フォーク・ミュージックはその頃、人々に広まりつつあった。ラジオ局はこのアルバムを流し始め、やがてその中のある一曲を流すようになった。
僕は報告書の中で、『サウンド・オブ・サイレンス』はシングル・カットされるべきだと書いた。やがて、このレコードを何とかしなければならないというプレッシャーが強くなってきた。あるコンベンションで、僕はトム・ウィルソンと会った。トムと僕は親しくなって、僕は彼に、この曲をシングルにすべきだということを話した。最初は少し難色を示していたけれど、結局トムは、これをシングル・カットすることに決めたんだ。
<トム>
マークは、「もう少しロックっぽくして、子供たちが曲に合わせて足を踏みならせるような感じにしたら、いい感じのレコードに落ち着くんじゃないか。」という意見を述べた。だから僕は、以前使った3,4人・・・アル・ゴルゴニ、ドラマーのボビー・グレッグ・・・を連れてきて、オーバーダブを加えていった。ベース、ドラム、エレキピアノに、エレキギター。これを、基本的にはフォークのレコードだったものの上に重ねていった。『水曜の朝、午前3時』は基本的に、何本かのベースとギターしか使っていなかった。僕は、ディランの『ブリンギング・イット・オール・バック・ホーム』でやったのと同じ事をした。こうしてレコードは、確か・・・1965年の9月にリリースされたんだ。
注1:2003年6月1日現在 ちぇしゃ猫さんのサイトは閉鎖されています。
注2:Al Gorgoni (guitar), Bobby Gregg (drums)の二人とも、Briging It All Back Homeと、 Highway61 Revisitedの両方のレコーディングに参加しています。

CD3枚組の Paul Simon 1964/1993 (日本盤 ポール・サイモン グレイト・ソングブック 1964/1993, WPCP-5641〜3)の英語版解説冊子に、ミュージシャンがクレジットされています:

2 THE SOUND OF SILENCE
Copyright(c)1964 Paul Simon/BMI
Words and Music by Paul Simon
Produced by Bob Johnston
Sounds Of Silence
GUITAR - Al Gorgoni
BASS - Bob Bushnell
DRUMS - Bobby Gregg

Paul Maclauchlanという人のディスコグラフィーの中にシングル盤のミュージシャン名が上げてあります。(ただし、出典不明) これは、上記のCD添付冊子と一致します。

Sep 1965
US 45 Simon & Garfunkel
Columbia 43396
1. The Sounds Of Silence
Tom Wilson's overdubbed "electric" version of the song from the LP Wednesday Morning, 3 A.M..
Al Gorgoni - guitar; Bob Bushnell - bass; Bobby Gregg - drums. Produced by Bob Johnston.
2. We've Got A Groovy Thing Goin'
(http://www.vex.net/~paulmac/simon/simon64_71.html より)

話を整理してみます:

Tomの話に二人の名が上げられており、その二人Al Gorgoni(ギター)Bobby Gregg(ドラムス)は Bob Dylanの初エレキ化アルバムBriging It All Back Home、そしてその次の Highway61 Revisitedにも参加している人たちです。
Al KooperはLike A Rolling Stoneセッション(Highway61 Revisitedに収録)の直後にThe Sound of Silenceをオーバーダブしたという話を否定しています。

したがって、Al Kooperが参加していない別の日のセッションか、別個にAl Gorgoni, Bobby Greggらと契約した作業であったと考えられます。

なお、本稿をまとめるにあたり、重要なヒントをあたえてくださった7th Avenueさんに感謝します。また、こっそりと見ているかもしれない(笑)ちぇしゃ猫さんに感謝します。

しかし、Dylanの情報はネットでも書籍でもたくさんありますが、S&Gでは、レコーディング関係の情報が少ないですね。


Copyright (c) 2003, Yoichi Oguchi