HOME > S&G Music Top > 1982 S&G

金網越しに見たサイモンとガーファンクル

......といっても、檻に入れられていたわけではありません。

1982年5月8日(土曜日)大阪球場第2日のサイモンとガーファンクルのコンサート報告です。

入場前、入り口付近でぶらついていると、急に大型の乗用車が3台、球場の入り口をふさぐように止まり、人だかりがしていました。そのときは見えなかったのだけれど、後に「週刊ポスト」1982年5月28日号で見たら、そのときがポールの入場だったようです。
私が撮影した写真をお目にかけます
(まあ、ナイコン・キャメラですから許してください)。

東内野席Aブロック66番という席でした。途中、興奮してか前の席のお姉さんの背中を2回も蹴飛ばして、2回謝った記憶があります。

「ミセス・ロビンソン」から始まったのですが、イントロがセントラルパークのライブ盤と少し違っていた記憶があります。

曲目でセントラルパークと違うのは、「コンドルは飛んでいく」とアート・ガーファンクルのソロで「ブライト・アイズ」をやってくれたことでした。アンコールで、「ボクサー」を再演したのは驚きました。でも、球場全体で、lie la lie....の大合唱でした。

途中アートが, 手に持ったコップを高く掲げて "Kanpai, Osaka. I wish I could speak a little more Japanese."(乾杯、大阪。もう少し日本語が話せたらいいんだけど)って、冗談?を言ってました。

ポールの方は、聴衆からの声に対して"Louder?"と言っていたのを覚えています。その後、アンプのボリュームを上げた感じはありませんでしたが。

ポールは胸に大きな図柄の付いた白地のTシャツと白いズボン。アートは遠くから見る限りセントラルパークのコンサートと同じ格好で、ゆるく締めたネクタイにベストとジーンズです。

ポールは真っ黒なアコースティック・ギターを使用していました。そのときは、ヤマハ(テリー中本さん)製だとわかりませんでした。でも、セントラルパーク・コンサートのライブ盤で聞くヘナヘナした音のギターよりも、歯切れ良く、彼らの音楽によくあっていました。
エレキギターについてははっきりわかりませんでした。


HOME2009 S&G Tokyo | 2009 S&G Nagoya2001 Art | 1993 S&G | 1982 S&G | 1974 Paul | S&G LINK |

Copyright (c) 2000, Yoichi Oguchi (yoichi.oguchi AT gmail.com)