HOME > S&G Music Top > 1993 S&G

Simon and Garfunkel東京ドームコンサートの報告

かつて、パソコン通信(Niftyserve)のどこかに書いたものを加筆修正しました。

最後列の席(しくしく..)でした。写真は私が撮影したものです。

El Condor Pasa「コンドルは飛んでいく」


【タイトル   】 SIMON & GARFUNKEL LIVE TOUR 1993
【アーチスト 】 SIMON & GARFUNKEL
【会場名   】 東京ドーム
【開催年月日】 1993年12月2日

 前座の南こうせつが30分つとめた。その中で、「20代の人いるか?」ときいた。まばらに拍手。こうせつはその拍手を信じない。「今日はオジンとオバンの集いだぞ!」とか言って笑いを誘う。

 前座の後に休憩時間があり、ステージの楽器類が交換された。

 サイモンとガーファンクルのコンサートが始まった。ポール・サイモンがゆったりとフィンガーピッキングを始める。テンポがおそめだったが「ボクサー」だった。「アメリカ」、「早く家へ帰りたい」 と続き、アート・ガーファンクルを指してポールが「アーティーと僕は13才の時から一緒に歌っている......」などと話し始め、当時よく歌ったらしい、「ビーバップ・ア・ルーラ」と、もう一つなにか歌った、曲名がはっきり聞き取れなかった。そしてなんと「ヘイ・スクール・ガール」を歌い始めた。彼らが高校生の時にレコードを出し、ヒットさせたナンバーだ。

 「ポールがイギリスをさまよっていたときに作った」とアートが紹介し、「四月になれば彼女は」 をポールのギターでアートが歌う。
 元々ポールのソロ曲 「アメリカの歌」 を二人で歌った。

 懐メロのオン・パレードだった。

 ポールのアコースティック・ギターはマーティン000-28らしいものとグリアンのギターらしかった。真っ黒なヤマハは持ってこなかった。

 「明日に架ける橋」 をどういうアレンジで歌うか興味あったが、レコードとほぼ同じピアノだった。('92年、アートのソロ・ステージを横浜で聞いたときもこうだった。) しかし、彼ののどの調子が良いとは思えなかった。あの高音はもう出ないのだろうか、メロディーを少し変えていたようだった。アートが「明日に架ける橋」を歌っているとき、僕はヒヤヒヤしていた。声が出なくなることはないのだろうか? でも、レコードよりも息継ぎの回数が多いようだったが最後まで歌いきった。割れんばかりの拍手だった。まるで、東京ドームに来た全員がこの曲を聞きに来たようだった。どの曲よりも拍手が多かった。作曲者のポールは、「これは僕がつくった曲だよ」と心の中でつぶやいているのだろうか? 欲をいえばアレンジを変えてでも二人でうたって欲しかった。1972年のマクガバン支援コンサートのブートレグを聞くと彼らはこの曲を二人でうたっているのに。

 「キャシーの歌」 を二人で歌ったのには驚いた。

 「サウンド・オブ・サイレンス」 は、エレキ・バージョンだった。'91年のポールのソロ・コンサート(やはり東京ドームできいた)のアレンジとほぼ同じで、キーだけは高くしてあったみたい。

S&G1993
 
 私も妻もS&Gの大ファンである。しかし、今後彼らが一緒にレコードを出してほしいとは思わない。ポールとアートの求める音楽がまるで違うのだから、別々にやっていた方が良いと思う。でも、たまにはこうして一緒に歌ってほしい。
 東京ドームは残響が多く、音楽的にはひどい場所だ。S&Gよりも南こうせつのグループの方が音は良かった。


HOME2009 S&G Tokyo | 2009 S&G Nagoya2001 Art | 1993 S&G | 1982 S&G | 1974 Paul | S&G LINK |

Copyright (c) 2000, Yoichi Oguchi (yoichi.oguchi AT gmail.com)