| HOME > 月惑星研究会月面課 >星の手帖Vol34

星の手帖Vol33星の手帖Vol35

季刊天文誌 星の手帖 Vol.34 (1986年秋号) pp100-103

アリスタルコスに何がおこったか?(2)
−TLPの現象と原因−
月惑星研究会月面課 アリスタルコス観測グループ

前回はTLP(Transient Lunar Phenomena:月の一時
変化)のうち月自身が原因の場合と、地球側に原因があ
る場合の人工衛星と流星を考えた。今回以降は地球大気
が原因の場合の大気の擾乱、大気差による着色、観測器
機・観測者に原因のある場合を考える。
ミドルハーストカタログ[2]によれば約400年間に起こ
ったTLP579件中、アリスタルコス224件、シュレータ
ー谷17件、ヘロドトス4件で合計245件、つまり全TL
Pの42%がアリスタルコス付近で起こっている。私たち
はこのことに注目し、この付近のTLPの内容を文献調
[2][3][4]した。その結果、それらは必ずしも月自身
に原因があるTLPばかりではなさそうなので、特にア
リスタルコスにTLPが観測されやすい原因を、私たち
独自の観測結果をくわえて推定した、

1. 従来のアリスタルコス付近のTLP観測

アリスタルコス付近では前述のように245件ものTL
Pが観測され、この数字のみからTLPの多発地域と考
えられていた。しかし表1の観測上TLPを観測したの
はわずか9人で、特に約半数にあたる112件のTLPを
アメリカ合衆国のアマチュア観測家、バートレットが観
測しているのが注目される。

表1 観測者別のアリスタルコスTLP回数 [2],[3]

順位 観測者(観測地) 観測数 観測年
1
2
3
4
5
5
7
7
7
-
バートレット(U.S.A)
シュレーター(西ドイツ)
ボーデ(西ドイツ)
エマニュエル他(U.S.A)
テンペル(オーストリア)
コズィレフ(ソ連)
フィゾーフ(イギリス)
ブラウン他(U.S.A)
クラッセン(東ドイツ)
その他
112
12
6
5
4
4
3
3
3
68
1949-1966
1784-1790
1788-1792
1965年7月
1866-1886
1955-1961
1954-1965
1966年4月- 5月
1967年4月-10月
1650-1967
合計 224 1650-1967

表2にバートレットのアリスタルコスTLP観測の一
部をかかげる、彼は口径9〜12.5cm反射と口径8cmと
10cm屈折を使い、のべ163回の観測で112件のTLPを
観測[3]しているので、3回に2回は「異常」を観測し
たことになる。彼の観測は「色が変わった」というよう
な変化を記載したTLPは4件のみで、残り108件は
「紫色に輝く」というような状態を記載したTLPであ
る。
アリスタルコス付近は、月面でもっとも色彩豊かな地
[5]であることを考えると、バートレットのTLP観
測はアリスタルコス付近の平常時の状態を報告している
可能性がある。そこで問題になるのは、アリスタルコス
の平常時の状態はどのような状態かということである。
そこで私たちはアリスタルコスの平常状態を観測するこ
とにした。

表2 バートレットの観測例[2] (1955-56年の一部)

時刻 現象
55年10月05日03時44分 クレーター東壁の輝点,東壁,北東壁が明るく青〜
紫色に輝く。
55年10月31日00時40分 クレーター東,南東壁が青〜紫色に輝く。周辺部は
暗い紫色をおびる。台地全体が淡い紫色に輝く。
55年10月31日04時50分 クレーター東,南東壁が明るく青〜紫色に輝く。周
辺部と台地は暗い紫色をおびる。
55年11月01日03時18分 クレーター東壁の輝点,東と北東のリムが淡い紫に
色づく。周辺部は暗い紫色。
55年11月06日05時50分 クレーター東,北東壁が明るく青〜紫色に輝く。周
辺部は暗い紫色。
55年11月27日02時48分 クレーター底が粘土色を呈する。
56年01月27日01時18分 クレーター東壁全体と東壁の輝点が紫色に輝く。ク
レーターの北側,北東側は紫色に色づく。


2. アリスタルコス平常状態の観測

私たちはアリスタルコス付近の平常状態の観測として
輝度観測と色相観測をおこなった。観測の目的は、TL
Pの検出ではなく、平常時のアリスタルコス付近の輝度
と色相の記載である、
(1)観測の方法
●観測する方法
輝度観測:地球からみた月面に最大の影響をあたえるの
は太陽直下点の月面余経度である。そこで、月面余経度
と地形の輝度の関係を、後述の輝度観測用紙によって調
べた。
今回の観測では、輝度の高い地域のみに注目したが、
これは過去のTLPの82%が「明るく」なる現象である
ため、輝度が高くなる現象が特に重要であると判断した
からである。今回は「暗くなる」とか「ぼやける」現象
については特別な配慮はしなかった。
色相観測:過去のTLPでは「赤みをおぴて明るい」と
いうような「明るく」なる現象中に着色を報告した例が
多く、これがTLP全体の30%もしめる。そこで、色相
の観測が容易で、結果を比較しやすいように後述の色相
観測用紙を作成して調べた。
●使用望遠鏡
過去のTLPでは、多数の観測者がさまざまな口径の
望遠鏡(6cm〜100cm以上)でTLPを眼視観測し
ている場合が多い。輝度や色相の見え方は口径(→分解
能、集光力に影響)や反射・屈折といった種類によって
異なるかもしれないし、また観測者の目の鋭さや色の感
じ方によっても異なることが充分考えられる。その意味
ではさまざまな条件における観測が重要で、今回は9人
の観測者(表3)が表4のような望遠鏡を使用し、任意
の日時にアリスタルコスを観測するという方法をとっ
た。このような観測をさまざまな位相、シーイング、透
明度でおこなえば、平常時のアリスタルコスの状態が記
載できる。

表3 観測者別観測数

観測者 輝度観測 色相観測
加藤時明 73 25
鬼沢 稔 33 17
白尾元理 18 5
大口洋一 14 0
片桐 健 12 1
安達 誠 11 2
北 真澄 10 0
福田 学 7 1
青木 進 4 0
合計 182回 51回

表4 口径別観測数

反射(口径) 観測数
30-31cm
25-26cm
20-21cm
15 cm
10 cm
48
16
39
5
51
屈折(口径) 観測数
10 cm
8 cm
7.6 cm
7.5 cm
9
8
16
30
総合計 222


●輝度の観測用紙
過去のTLPがアリスタルコス、シュレーター谷、ヘ
ロドトスに多いことから観測の範囲は図1の範囲とし、


図1 アリスタルコス周辺の見取り図と観測ポイント(点線のA〜Z)

平均的なアリスタルコス台地の見え方を描いて観測原図
とした。予備観測と写真から、アリスタルコス付近のさ
まざまな位相で輝度の高い地点22か所にAからZ(Nは
欠)までの記号(図1)をつけ、およその広がりを記入
して輝度観測用紙とした(図2)。この範囲ではあらゆる
位相でアリスタルコス中央丘がもっとも明るいことが予
備観察からわかっていたので、実際の観測ではA〜Z点
のなかで中央丘とほぼ同じ明るさの地点を輝度1、その
次に明るい地点を輝度2とし、それぞれ1か所ずつを選
ぶことにした。この方法でさまざまな位相とシーイング
のもとで観測すれば、アリスタルコスの平常時の輝度の
高い地点の分布図が得られることになる。
このような規格化された観測では、観測者がただ漠然
と輝度を観測するのにくらべて、注目すべき地点が明示
されている、輝度1とか輝度2とかをあらわす方法は、
あくまでも順位比較による定性的な評価にすぎないが、
雄来のTLP観測のようにただ「明るい」だけではな
く、どのくらい「明るい」かを表現できる点ですぐれて
いる。また既成の用紙を使うため、観測時間は約15分で
済み、観測数を増やすことができた。

図2 アリスタルコス観測用紙
図2 アリスタルコス輝度観測用紙

●色相の観測用紙
色相の観測用紙は、輝度の観測用紙と同一の範囲を観
測地域とし、前出のA〜Z点での着色を特に注意するよ
うに作成した。A〜Z点の各点にはそれぞれ着色の有無
(有・無)の選択欄があり、「有」と選択した場合にはさ
らに青色の色(青・紫・赤・その他( ))、着色の濃
さ(濃い・普通・薄い・きわめて薄い)、その着色が異
常と思うか?(はい・いいえ)の各個を選択するように
した。特に最後の欄は、着色していても平常の着色とみ
なせば、それはTLPでないわけで、特にTLPか否か
を判断するうえで重要である。
●シーイングの評価
アリスタルコス付近の地形の見え方によって表5のよ
うな基準でシーイングを評価した。この評価では、太陽
高度によって地形の見え方が変化するので正確さに欠け
るが、問題は生じなかった。むしろアリスタルコス付近
を見ただけでシーイングを判断でき、時間の節約になっ
た。

表5 シーイングの基準

5 像は静止し,細部にわたって非常に鮮明に見える。
4 像にちらつきはあるが,アリスタルコスクレーターの中央
丘やクレーター壁の段の形まで確実にとらえられる。
3 中央丘やクレーター壁の段は見えたり見えなかったりする。
リムのシャープなクレーターはちらついて,微少な(5km
以下)クレーターは見えなくなる。
2 中央丘やコブラヘッドの存在は明確であるが,形ははっき
りしない。アリスタルコス北方の3つのクレーターは見えない。
1 アリスタルコスクレーターの存在は分かるが,外形をつか
むことすら困難で,内部のようすはわからない。


(2)観測の結果
●輝度観測の結果
合計182回の報告があり、観測者が異常と判断した観
測は1件もなかった。
月面余経度とシーイング別にみたアリスタルコス付近
の輝度1の分布を図3に示す、輝度2の分布は観測者、
余経度、シーイングによってバラツキが大きいので、今
回はまとめなかった。アリスタルコスでは月面余経度約
45°で日の出、137°で正午、230°で日没となる。今回の
観測はすべて太陽が照らしている状態での観測である。

図3 アリスタルコス付近の輝点,シーイング,月面余経度の関係
図3 アリスタルコス付近の輝点,シーイング,月面余経度の関係,
輝度1の領域のみを点線で囲んだ。総観測数182回

図3には示していないが、シーイング1ではアリスタ
ルコスのクレーター内部全体が明るく輝き、内部全体が
輝度1となった、次にシーイング2以上の余経度別の輝
度1の分布を図3とあわせて紹介する。

余経度40°〜50°:日の出直後なので観測数が少ない。シ
ーイング2のときの図3の観測はまだアリスタルコス中
央丘が日の出前で、アリスタルコス西壁上部のみ太陽に
照らされた状態であった。したがって周囲が暗く、西壁
の上部全体が輝度1になった。シーイング3〜5では時
間的に少し後で、太陽が中央丘を照らし始めた状態で、
中央丘が輝度1となった。このとき中央丘以外には輝度
1の地点はない。
余経度50°〜80°:太陽高度が高くなったのでシーイング
2〜4ではアリスタルコス西壁がよく照らされ、輝度1
と観測される地点が多い、シーイングが良くなるほど輝
度1の地点の聰囲が狭くなる傾向がある。アリスタルコ
ス台地東部のQ点、ヘロドトス北壁のT点、アリスタル
コス台地南部のR点などが輝度1となることがある。
余経度80°〜120°:まだ午前中なので、アリスタルコス
西壁に輝度1とされる場所が多い。この太陽高度になる
とコブラヘッド東壁も太陽に照らきれるため、シーイン
グ3ではS点が輝度1となっている。またアリスタルコ
ス台地東部のQ点、ヘロドトス北壁のT点、アリスタル
コス台地北部のR点も輝度1となることが多い。
余経度120°〜180°:この余経度は昼すぎで、太陽高度は
高い。そのため、いままで太陽が照らしにくかった南壁
のL,K、T点も輝度1とされることがある。アリスタ
ルコス台地のR点は常に輝度1とされ、ヘロドトス北壁
のT点も輝度1とされることが多い。

●色相観測の結果
合計51回の報告があり、異常を報告した観測は1回も
なかった。しかし着色の報告は7件あったので、内容を
検討する。
アリスタルコス台地:加藤・白尾・片桐・安達から台地
全体が黄色に見えると報告されている。また、加藤から
台地がセピア色(≒暗褐色)に見えるとの報告が1件あ
った。
いずれも反射望遠鏡にオルソ接眼鏡の組み合わせての
観測なので、着色の原因はアリスタルコス台地の着色と
考えられる。白尾が21p反射とカラーリバーサルで撮
影したさまざまな位相の5枚の写真においても、台地が
黄色に写っているのが、このことを裏付けている。
加藤がアリスタルコス台地をセピア色にも報告してい
るのは、透明度や位相も関係しているのかもしれない。
アリスタルコス台地は周囲の嵐の大洋よりも暗いので、
この結果、条件によってはセピア色にも見えるかもしれ
ない。
バートレットの観測にはアリスタルコス台地が「紫色
をおびる」というTLPが19件[2]ある。バートレット
のTLPには黄色の着色の観測は1例もないので、彼の
目は特に紫色に鋭敏であるのかもしれない。

以上のことから、アリスタルコス台地は黄色、あるい
は赤暗色に見えるのが通常の姿らしい。
アリスタルコス北部:この地域はアリスタルコスの光条
がアリスタルコス台地をおおっている地域で、白尾は21
cm反射で青色をおびると報告している。同じ望遠鏡に
よるカラーリバーサル写真でも太陽高度が高い(20°以
上)のときは淡い青色に写っているので、この地域自体
が着色していると半噺できる。
バートレットはこの地域を合めたアリスタルコスの周
囲に「紫色をおびる」あるいは「紫暗色をおびる」TL
Pを49件も報告[2]している。アリスタルコス北部の光
条はやや暗いので、彼は紫暗色と表現したのだろう。彼
が紫色に報告しているのは、対物レンズや接眼レンズの
色収差がこの地域の本来の青色と童なって紫色に見えた
のかもしれないし、彼の目の感色性によるものかもしれ
ない。
A〜W点:これらの点は白尾の着色報告があるのみであ
る。彼はA,B,C,D、E、M点はきわめて薄い青色
に、P,Q点はきわめて薄い赤色に、R点はきわめて薄
い黄色に着色が見られることがあると報告している。
一方、バートレットはアリスタルコスクレーター壁上
に「青色-紫色の輝き」を多数報告[2]しており、これ
は私たちの観測ポイントのA〜M点に相当すると考えら
れる。白尾の観測はいずれも透明度の良いときの観測な
ので、本来このクレーター壁は淡い青色に着色してお
り、透明度とシーイングの良いときには地上からもこの
着色が観測されるのかもしれない、
白尾はR点をしばしば黄色に報告しているが、R点は
アリスタルコス台地上の小さい点状にしか見えないの
で、バックのアリスタルコス台地の黄色が影響して黄色
に観測したのかもしれない。

図4 ルナオービターが撮影したアリスタルコス
図4 ルナオービターが撮影したアリスタルコス(南が上,
NASA, V-198M)

次回は、輝度・色相と地形の関係、シーイングと輝
度・色相の関係、さらに観測機器の影響、大気差による
影響、観測者の錯覚について検討し、結論をまとめる。


星の手帖Vol33星の手帖Vol35

このページのトップへもどる