HOME >

車イスでのコンサート

大口洋一  2009-08-31 rev.0

私の妻が車イスを使用するので、車イスでのコンサート鑑賞について書いてみます。

2009年7月8日 ナゴヤドーム、サイモン&ガーファンクル公演

とにかくチケットを買う(人気アーティストの場合、何も考えずに先ず、チケット)のが大切だと判断し、ネット先行販売でアリーナ席を2枚入手しました。

主催者であるUDO事務所に電話して、「車イスの入場、座席はどうなるのですか?」と尋ねます。このとき、UDOでは、「東京ドームのアリーナ席の券をお持ちでしたら、アリーナの中の車イス・スペースにご案内しますので、スタッフに声をかけてください。ナゴヤ・ドームについてはCBCイベント事業部に電話してください」との回答。
名古屋のCBCイベント事業部では、「正面入り口のスタッフに声をかけてください。関係者入り口からご案内します」とのことでした。

タクシーに車イスを積んでナゴヤ・ドームの1階正面に行くと、「車イス入り口」と「関係者入り口」の二つのたて看板が見えたので、入り口はすぐにわかりました。入り口でスタッフに切符を示すと、「歩行が出来ればアリーナ席にご案内しますし、そうでなければ車イス専用席にご案内します」と言われました。B-7ブロックという、とても良い席でしたが、最悪、途中でトイレへ行ったりすることを考えれば車イス専用席のほうが良いかと判断して、車イス専用席をお願いしました。
まず、業務用エレベータを教えてもらい、グッズを買いにいき、トイレ(身障者トイレにまでも健常らしい女性が並んでいましたが、妻は車イスで来たので、優先していただきました)を済ませ、改めて入り口にもどり、スタッフに席への案内をお願いしました。関係者入り口から、多少の段差・坂(元気な車イス使用者なら自走可能)をのりこえて直接アリーナに入れました。

下図のなかの赤丸に示す場所に車椅子スペースがあり、高さ50cmくらいの木製の台に車イスの人たちが載ることになります。付き添い(この場合は私)にはスタッフが折りたたみイスを持ってきてくれたので、妻の前列でコンサートを鑑賞することになりました。
なお、コンサートの報告はこちらのページ


しかし、下の写真(コンサート終了後に退出時を撮影)を見てわかるとおり、音響と暗闇の中、途中で誰かがトイレにでることなど、ほとんど不可能な状況でした。(だれも途中の出入りは無く、アンコール後まで、その場にいましたけれど)この車イス・スペースを設計したのが、ドーム側なのか主催者側なのかわかりませんが、そこまでの配慮はないのでしょうか。
スタッフの対応には感謝しますが、仕組みとしては改良の余地があると考えます。なお、ナゴヤ・ドームの2階席に車イス専用席が設けてありますが、これは野球のとき専用かもしれません。

Wheel Chair Place in Nagoya Dome

2003年 大阪ドーム(現在の京セラ・ドーム大阪)、ローリング・ストーンズ公演



これもコンサート終了後に撮影。こちらはゆとりのあるスペースでした。


Copyright (c) 2009, Yoichi Oguchi