HOME >

車イスでの新幹線乗車

大口洋一  2009-10-18 rev.1

私の妻が車イスを使用するので、車イスでの新幹線乗車についての経験を書いてみます。名古屋駅で購入して、東京や京都への旅行の体験をもとにしているので、JR東海の名古屋駅での経験に限らせていただきます。

東海道新幹線は11号車

東海道新幹線車両の11号車には、車イスが通れる広いドアがあり、12番の列に車イスを置けるスペースがある座席構成となっています。個室をお願いすることもできますが、車内販売を利用しにくいです。
700系新幹線の座席表です:
http://www.jr-odekake.net/train/nozomi_700/seat.html

切符の予約

近所の旅行社の窓口では、11号車の予約は出来ますが、車イス座席が予約できませんでした。

そこで、ネットで検索した結果、直接、名古屋駅に申し込み窓口があるとわかりました。
旅行の1ヶ月前以降に、JR東海名古屋駅駅長事務室内の車イス専用受付電話(052-581-2077)に電話して、希望を伝えると、下の写真のような手書きの「車椅子個室、オープン席切符発行依頼書」を作成してくれます。時間がかかるらしく、一度電話を切ってから向こうからの電話を待ちます。
なお、旅行社によっては、車イス席の予約が可能なところもあるとのことでしたが、名古屋駅の駅長事務室では教えてくれませんでした。

次に、この依頼書を、駅長事務室まで受け取りに行き、その後通常の発券窓口に移動して、依頼書を出すと、切符を作成してくれます。ここで、困るのは窓口の係員が慣れていないことが多く、窓口に立ったまま35分も待たされたことがあります。窓口の係りが後ろへ応援を求めたケースでも20分かかりました。車イス席は、なぜかコンピュータ化されていなく、ゴム印と手書きの切符を受け取ります。

乗車と乗り換え

乗車時刻の30分くらい前に駅の改札口に着き、車イスである旨を告げれば改札から入り口まで、駅員さんが車イスを押して連れて行ってくださいます。東京駅を経由して舞浜へ行ったことがありますが、東京駅での乗り換えも駅のスタッフが連絡を受けて待機してくださり、通路、エレベータを利用して京葉線まで乗せてくれます。

JR東海各社への希望

スタッフの努力には、感謝するのみですが、何とか車イス席をコンピュータ化して、発券をすばやく出来ないものでしょうか?


Copyright (c) 2009, Yoichi Oguchi <yoichi.oguchi AT gmail.com>