| HOME > 薬害エイズ > 薬害エイズの歴史 − もう一つの観点

|愛知ヘモフィリアの会 |血液・HIVニュースリンク

Rev1 2008-11-03 rev1

薬害エイズの歴史 − もうひとつの観点から

薬害エイズ(血液凝固因子製剤を通じたHIV感染)に関しては、産・官・学のそれぞれの問題点が語られています。

ここでは、「産」すなわち製薬会社が売り込みをかけた血友病患者会の観点から振り返ってみます。話の舞台は主として愛知県の血友病患者会「鶴友会(かくゆうかい)」です。(関東地方の医療法人とは関係ありません) この鶴友会は全盛期には会員が200名いました。
話の最後に、製薬会社とのつきあい方に関して提言したいと考えます。

私(大口)は1977年から1984年まで鶴友会の理事(一患者として無償ボランティア)をしていましたから、事情はよくわかっています。私が撮影した写真をご覧下さい。
なお、鶴友会はその後も活動しています。 現在の彼らについては情報を持ちません。ここに書いたものは、過去の歴史としてお読みください。)


平和な時代

1978年8月岐阜県のキャンプ場での写真。

この血液凝固因子製剤は日本製薬株式会社の「クリオ」(乾燥型クリオプレシピテート製剤)です。日本人の血漿から製造され、1瓶に第8因子が100単位しか含まれていませんでした。成人なら、同時に複数本使う必要がありました。しかし、1瓶を1供血者の血漿で作っていたので、ウイルス感染の危険性は、後に発売される濃縮製剤よりも、はるかに小さいものです。

「鶴友会」の若い患者たちはサマーキャンプに製剤を持参しました。この頃のキャンプは、どこの企業からの寄付もなく、自腹でした。

関節などに内出血を感じ、クリオを注射してもらう患者です。このときは、自己注射が認められる前でしたので、看護婦資格を持つ人が同行して注射していました。翼付静注針を使用しています。(でも、病院から離れた場所でのことなので、自己注射と変わりないと思います)

濃縮製剤の売り込み - 自己注射に向けて

1979年には高単位の濃縮製剤が発売されました。写真は1979年6月、「鶴友会」の総会会場にて。左は株式会社ミドリ十字の会長内藤良一医学博士(元731部隊...故人)で、右は鶴友会会長です(当時、全国の血友病患者会の会長も兼ねていた北村千之進氏...故人)。ミドリ十字は患者会のキャンプに寄付を出すようになり、記録映画を16mmフィルムにとりました。そのフィルムを患者会に寄付したのです。
企業が患者会に寄付するなんて美談ですが、企業は利益を期待できないものに金を出さないものです。「
Home Infusion(自己注射)が実現すれば売り上げが伸びるはずだ」と内藤氏が北村氏に語ったと、北村氏自身が発言した記憶があります。

1980年8月2日 北海道で行われた「全国ヘモフィリア友の会」(全国の血友病患者会の連合体)総会会場で展示されていたミドリ十字社、日本トラベノール社の濃縮製剤(当時は非加熱)。

1983年 この年の2月に自己注射が承認されました。写真は、1983年6月12日、名古屋市内での鶴友会総会の会場設営を手伝うミドリ十字社員(背広姿の右側4名)。このとき初めて製薬会社に手伝ってもらいました(向こうから手伝いを申し出たから)患者会会報と共に、ミドリ十字製品のパンフレットなどが封筒詰めされています。
この年は、ミドリ十字社の保養施設での患者会サマーキャンプや、日本トラベノール社の講演会が行われました。

患者の利益とは?

鶴友会は患者の利益を守るための組織です。製薬会社と患者の利益が1970年代までには一致していました。すなわち血液凝固因子製剤の普及です。どこでも注射を打てることです。

しかし、1980年代になりAIDSの危険が懸念され、現実となったとき、状況は一変しました。製薬会社は製品の危険性を隠そうとしました。

各地の血友病患者会は、AIDSやHIVに関わる医学的・社会的状況を調査し患者に伝えようという動きをとる会と、何もしない会とに分かれていきました。
会報などを調査した結果判明した事実は、愛知の鶴友会が明らかに後者であったということです。

鶴友会は、HIV訴訟が始まってからも1995年11月まで訴訟にそっぽを向き、会報等で情報を流しませんでした。
それどころか鶴友会の会長は1995年に「患者にも(感染の)責任がある」という発言をしています。(こちらのページ

また、「たとえば医者が『この薬は危ない。加熱製剤を待った方がいい』と言っても、出血している患者は非加熱でも打ってしまうはずだ」と週刊誌のインタビューに答えて北村会長が発言しています。(週刊文春 1996年3月21日号p34-p37)

なぜ、患者会会長が製薬会社をかばい、情報の少なさのためにむざむざ感染させられた被害者を愚弄するのでしょうか?

鶴友会は会報に製薬会社の広告を載せ、その広告料を主たる財源にしていました。会報の会計報告から私が作成したグラフを別ページ(クリックして表示)に示します。1980年代には、毎年300万円程度の広告料が会員200名の患者会に入金したことになります。

未来への提言

私の提言は単純です。


Copyright (c) 2002,2008 Yoichi Oguchi

ページ・トップへ