| HOME > 薬害エイズ > 理不尽な死を迎えた友へ

|愛知ヘモフィリアの会 |血液・HIVニュースリンク

理不尽な死を迎えた友へ

2005-03-21 rev. 2

大口洋一

2000年1月、この地方の薬害エイズ被害者が誕生日を目前にして亡くなりました。彼は、この地方から最初に東京HIV訴訟に参加した人でした。彼は名前をマスコミでは公表しませんでしたが、仲間の間では自分を語りいろいろな人と交流を持ちました。この地方での被害者支援運動を後押しした(?)ように僕は感じています。
名前を公表しないまま逝ってしまったので、直接交流のない皆さんにとって彼の名は霧の中です。原告番号98番というのも味気ないので、仮に霧野さんとしましょう(^_^;) 。 なお、彼は H.I.Voiceという感染者の情報誌のなかで「ひいらぎ」というペンネームを使用していました。
過去の記録と思い出を整理し、霧野くんと僕との関わりを中心に以下の文を書いてみました。事実を記録しておくことで、彼への追悼としたいと考えます。

薬害エイズの被害者なので、「殺された」と言うべきかもしれません。でも、彼が生きていたら、そういう表現はしなかったと思います。

霧野くんの名前が初めて僕の日記に出てくるのは、1986年1月26日です。このころ、鶴友会(愛知を中心とした血友病患者会)の若い有志で新年会を開く動きがあり、電話をかけあったり、会いに行ったりしたものです。その年は2月8日から2月9日が新年会でしたので、ここで霧野くんと会っているはずです。

初めて彼と会った時がいつか、正確な記録がありません。でも、名古屋市昭和区鶴舞で鶴友会総会があった後に共通の友人を通じて初めて会った記憶があります。したがって1983年から 1985年です。このころは、AIDSについて科学雑誌などで読んでいても、僕の周りは気に留めていない人が多かったようです。しかし、有志の新年会で、この事件を話題にした記憶はあります。

なお、このころ名古屋大学病院で、インターフェロン治療を始める人が出てきたという情報もつかんでいましたし、感染したカップルが別れるなどの話も耳に入ってきていました。

大阪の血友病仲間からの連絡がきっかけで、1987年から、エイズ予防法案の反対運動のために東京や大阪の人たちと僕は行動を共にするようになりました。それで、僕と鶴友会会長たちとの決裂も決定的となりました。(このころ、鶴友会はHIVに関する情報を十分に患者に流しませんでした)

1989年1月16日に仲間と6人で新年会の後に霧野くんの自宅へお邪魔したことがあります。このとき友人が撮影した写真が唯一、手元にある元気なときの彼の姿を記録したものとなってしまいました。このころ、誰が感染被害を受けているか知らなかったし、自分の検査がされていたことすら知りませんでした。  (後の手紙によれば、1986年7月には、霧野くんは感染告知を受けていたそうです)

1993年4月、霧野くんから手紙が来ました。

その要旨は:
「血友病の友達と花見にいったが、会話の中で貴方のことが頭をよぎった。いま、私たちはどこに向かっているのか、鶴友会は、全国友の会はどうなったのか、情報がないので、何も見えない」

漠然とはしているが、僕に対する情報請求の手紙でした。

彼への返事の中で僕は:
「いま、血友病患者は何をすべきでしょうか?私の考えでは、感染していて発症予防治療が必要な人は、まず、それを第一に、そうでない人は、感染被害を受けた仲間を(裁判にしろ、社会生活にしろ)何らかの形で支援していくことだと思います。九州の友人が「冬の銀河」という本を出版しました。手元に1冊余分がありますので読みたければ電話でもしてください。」

と書いたところ、さらに手紙のやりとりがあり、1993年7月の手紙で彼は、自分が感染被害者であることを打ち明けてくれました。

その後、霧野くんは、僕らが主宰する「愛知ヘモフィリアの会」の会員となってくれましたので、HIVに関する情報(訴訟関連も)を彼に送るようにしました。

1994年7月30日、「"人間と性"教育研究協議会」という団体の会合のために名古屋へ来ていた保田行雄さんや川田悦子さんと霧野くんを引き合わせました。保田さんは東京ヘモフィリア友の会の会長で、なおかつ弁護士としてHIV訴訟に取り組んでいました。川田さんはその後、息子さんの龍平くんとともにカミング・アウトします。
引き合わせた目的は、霧野くんに東京の人たちの様子を聞かせ、提訴を奨励するためです。このとき彼は、提訴するとはっきりは言いませんでしたが、後に聞いたところでは、既に提訴を決心していたとのことです。

1994年8月6日 横浜での第10回国際エイズ会議会場で,東京原告のOさんに霧野くんを紹介したら,Oさんは愛知からの提訴者がでることに驚いていました。

また、1994年10月24日、東京地裁へ傍聴に行ったとき、川田悦子さんから、愛知の血友病患者患者に提訴を呼びかけて欲しいと頼まれました(僕が当地の血友病患者の名簿を保持していたから)。(注1)

同時にこのころ、弁護士の間で、名古屋で原告「掘り起こし」(ミイラじゃあるまいしね!)のプロジェクトが進んでいました。

名古屋の弁護士が「薬害エイズを考える」というシンポジウムを1994年12月10日に行うことになったので,前述の川田さんとの話で,川田さんから愛知の被害者あてに手紙を書き,それを私から愛知の血友病患者に送付する,そして弁護士主催のシンポジウムの案内チラシを同封することにしました(その手紙はこちら)。

このシンポジウムの少し前、東京に本部を置く「HIV訴訟を支える会」から、名古屋支部立ち上げの打診を僕は受けていました。 自信のなさと、一緒に活動してくれる仲間がいないことなどから僕は渋っていました。でも、名古屋で「薬害エイズを考える会(後の「東海・薬害エイズを考える会)」ができた後も「HIV訴訟を支える会」側と連携を調整していましたが、結局だめになりました。

ともあれ、それまで、被害者を代弁する形で発言を繰り返していた僕は、しばらく沈黙を守ろうと決心しました。自分自身は、感染被害を受けていないからです。物理的には被害者ではないのです。被害者の救済や、名誉回復は、被害者自身が行うべきだと考えてのことです。「差別があるから顔をだせない」といいます。でも、差別をなくすためには、キチンと当事者が顔を出して問題を訴えなければ世間に通用しないと僕は考えます。
もしも、僕が、代弁を続ければ、差別温存に手を貸すと考えました。

あとは歴史が示す通りです。支援運動の高まり、結審、和解、報道された通りです。

霧野くんは、マスコミに顔を出すことすらなかったけれど、匿名でのインタビュウを受けたりしました。(注2) (注3)
彼なりの方法で、彼は、世の中に訴えるべき事を訴えたのだと思います。

心残りなのは、今後の地元での血友病患者運動をどうするか、十分な話し合いができなかったことです。僕としては、薬害エイズを繰り返さないことを目標に入れた患者運動をしたいと思っています。しかし、僕と感染被害者を結ぶ糸が1本切れたように自分としては感じています。

僕は自分のことを「支援者」だと思っていません。精神的には被害者と変わらないと思っています。でも、現実には部外者(HIVを持っていないので)だということも、(霧野くんに教わったおかげか?)十分に理解しています。

霧野くんが亡くなって、しばらくしてから誰かから逝去の事実が耳に入る....これは、実は予想通りでした。彼の気持ちを想像すると、みんなに心配をかけたくないという気持ちだったのだと思います。また、衰えた姿を見せないで、元気だった頃の自分の姿を友人たちの心に残したかったのだろうとも思います。

福武、上田ら(1999)によれば、被害者の死亡は、1995年が45人、1996年が42人なのに、1997年には、19人と顕著に減少したそうです。今後の死亡者が出ないことを切に願います。

(注1)川田悦子著「龍平とともに」岩波書店,1997,P177参照。
(注3)朝日新聞 1996年4月29日の「薬害の構図 (3)」は前半に霧野くん、後半に私のことを書いてあります。
(注4)東京HIV訴訟原告団編「薬害エイズ原告からの手紙」三省堂,1995,P263


Copyright (c) 2001,2005 Yoichi Oguchi

ページ・トップへ